あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

つらい冷え性を改善!ポカポカの身体になる方法

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

60秒でわかる!あなたの冷え性タイプ

それでは、自分のタイプをチェックしていきましょう。あまり考え込まずに、5択の中から最もあてはまるものを選んでみてくださいね。

(一番多いアルファベットが、あなたの冷え性タイプになります)

第1問 よくある身体の状態は?

  •   A…平熱が36度2分以下である
  •   B…肩こりや生理痛がひどい
  •   C…あまり汗をかかないほうだ
  •   D…気持ちが落ち込みやすく、食欲もわかない
  •   E…便秘が続いている

第2問 冷えを感じる部位は?

  •   A…手足を中心に全身が冷たい
  •   B…どこよりも手足が冷えて、なかなか温まらない
  •   C…お腹を触るとひんやり冷たい
  •   D…ストレスがたまると、冷えの症状が現れる
  •   E…特に冷えの症状は自覚しておらず、手足が熱い時さえある

第3問 トイレについて

  •   A…下痢をよくする
  •   B…トイレの回数は少ない
  •   C…下痢だけでなく便秘もよくある
  •   D…緊張すると、トイレの回数が増える
  •   E…夜中にトイレでよく起きることがある

第4問 身体面/精神面について

  •   A…やせ型である。または過去にダイエットで体重を大幅に落としたことがある
  •   B…脚の色が白くて冷たい
  •   C…お腹が張りやすく、下半身太りが気になる
  •   D…気持ちが不安定で、落ち込みやすい
  •   E…顔が赤くなったり、手・足の裏が火照ることがある

第5問 その他

  •   A…すぐに湯冷めをしてしまう。全身冷えやすい
  •   B…手や足がむくみやすい。むくみが改善されにくい
  •   C…身体が重たく、だるさを感じることが多い
  •   D…最近、肌にハリやツヤがなくなったように感じる
  •   E…口内炎や吹き出物ができやすい
A B C D E

気になる結果は…?

セルフチェック、お疲れさまでした。5つのうち、あなたはどのタイプになるでしょうか?

Aが1番多い人…全身冷えタイプ

Aが最も多かったあなたは「全身冷え」タイプ。運動不足や無理なダイエットなどによって全身の筋肉量が落ちているため、冷えの症状がひどくなっていると考えられます。病気にかかりやすく、治りにくい状態なので、早急に冷え改善に取り組む必要がありますよ。

「全身冷え」の原因や改善法をもっとみる

Bが1番多い人…末端冷えタイプ

Bが最も多かったあなたは「末端冷え」タイプ。血行が滞っているため、いつも手足がひんやりと冷たく、かじかむ症状が続きます。「全身冷え」に次いで、このタイプの冷え性で悩む方は多く、なによりも血行を促し、血液を身体の末端まで行き渡らせることがポイントになります。

「末端冷え」の原因や改善法をもっとみる

Cが1番多い人…水分冷えタイプ

Cが最も多かったあなたは「水分冷え」タイプ。水分の摂りすぎからくる冷え性で、デスクワークで絶えず水分を補給している人や、冷たい飲み物ばかり飲む人に多く見られるようです。代謝力が低下している可能性が高いので、改善へ真剣に取り組む必要がありますよ。

「水分冷え」の原因や改善法をもっとみる

Dが1番多い人…ストレス(うつ)冷えタイプ

Dが最も多かったあなたは「ストレス/うつ冷え」タイプ。日常的に感じる強いストレスが、冷えの原因である可能性があります。自律神経のバランスがやや崩れているかもしれません。身体の外から温めるよりも、ストレスの原因と向き合ってみるのが根本的な改善につながります。

「ストレス冷え」の原因や改善法をもっとみる

Eが1番多い人…隠れ(内臓)冷えタイプ

Eが最も多かったあなたは「隠れ冷え」タイプ。自分では冷え性のつもりはないのに、身体の内側(内臓)で症状が進んでいる可能性があります。まれに深刻な病に発展することもあるので、冷え改善へ真剣に取り組む必要がありますよ。

「隠れ冷え」の原因や改善法をもっとみる

いかがでしょうか?

それぞれの原因や症状はちがいますが、筋肉を増やしたり、血行を促したりするなど、「身体の内側」からの改善がとても大切だとわかりますね。

そこで、このサイトでは、冷えに効果的と言われる食べ物や睡眠法などを紹介中!今すぐできる方法ばかりなので、ぜひ冷え改善に役立ててくださいね。

ここで、「そんな簡単に生活習慣を変えられない」「忙しくて運動ができない」というアナタへ。

手っ取り早くカラダの内側からの改善をサポートしてくれる、サプリメントもありますよ。手早く、簡単に続けられるから、おすすめの解消方法のひとつです。もちろん他の改善法と組み合わせるのも◎。

ぜひいろいろな方法で、冷え性対策に取り組んでみてくださいね!

 

身体の内側から改善!冷え性におすすめのサプリを比較

冷え性はなぜ起こる?

冷え性にはさまざまな種類があります。手足が冷たく、クーラーが効く部屋では、長袖を着ないと寒い、典型的な冷え性の人。逆に、暑がりで顔も体も火照っているのに、体の芯はとても冷えている隠れ冷え性の人。なぜ、冷え性になるのでしょうか?冷えの起こる原因を知って、健康な体を取り戻していきましょう。

自律神経

交感神経と副交感神経の2種類からなる自律神経は、体の調整をする役割があります。自律神経は、不規則な生活習慣やストレスにさらされると乱れ、さまざまな影響を体へ及ぼします。冷え性も自律神経が乱れることで起こります。

衣類

寒さから服を重ね着したり、締め付けの強い服を着たりはしていませんか?体が圧迫されると血流が悪くなり、血が滞ります。そのため、冷え性の原因になるのです。

血液疾患

貧血や低血圧の方は要注意です。血液に疾患を抱えている場合、全身に血を巡らせる力が弱く・血液量も少ないため、体が冷えやすくなります。

筋肉

筋肉は、熱を生み出し血液を全身に運ぶ力があります。運動不足や筋力が低下すると機能が弱まり、血の流れが悪くなり冷えを招くのです。

食生活

あなたは、のどを潤すかわりに氷をポリポリ食べ、砂糖を使ったお菓子を食事代わりに食べてはいませんか?氷はもちろん、意外なことに砂糖は体を冷やすのです。ほかにも、体を冷やす食べ物はたくさんあります。食生活を一度、見直してみませんか?

冷え性になるとどうなる?

冷えは万病の元と言われており、体温が36.0℃以下だと、自律神経の働きが低下します。老廃物を排出する力も弱まり、体に老廃物をためこみます。さらに、体が冷えていると脂肪を分解する力が低下し、太りやすくなってしまうのです。また、低体温はガン細胞にとって、増殖しやすい環境です。たかが冷えだと思っていたら、とんでもない病気にかかってしまう恐れがあります。将来、大きな病気にかからないためにも、冷え性対策をおこなっていきましょう。

冷え性に悩む人がやめるべき生活習慣

冷えを生活から取り除くには何に気を付けるべきでしょうか?冷え性を招かないためにも、やめるべき生活習慣について、見ていきましょう。

冷房

夏に、冷房を効かせた部屋で過ごせば体が冷えます。そして、外へ出れば照り付ける太陽。そのような生活が続くと、極端な温度差に自律神経が対応しにくくなり冷えを起こします。

冷たい食べ物・飲み物

内臓には、代謝と呼ばれる熱をつくる機能があります。冷たい食べ物・飲み物を取ることで、内臓を冷やし、代謝機能が低下すると冷えを招くのです。予防するには、冷たい食べ物・飲み物はなるべくさけましょう。

食べ過ぎ

食べ物の消化には、たくさんの血液が必要です。胃や腸に血液が集中するため、ほかの部位の血液量が減ってしまい、手足に血液がいきわたらないため冷えの原因となるのです。

入浴

お風呂を、シャワーだけで済ませてはいませんか?シャワーのみだと、体の芯まで温まりません。むしろ体を冷やしてしまうことも。入浴時はしっかり湯船につかり、体の芯まで温めましょう。

服装

ゆったりとした服装をこころがけましょう。締め付けのキツイ服は、血流を悪くします。体を温める服には、絹・綿・毛など、天然素材を使用した、緩めの服がおすすめです。

冷え性改善方法

よりよい生活のためにも、冷えを改善するにはどうすればよいでしょうか?冷えを改善するための方法をお伝えします。

スクワット

スクワットは、全身を鍛えることができ、とくに足腰の筋力を強くします。筋力をあげることで血液のめぐりを良くしましょう。

つま先立ち

ふくらはぎには、血を心臓へ押し戻すポンプの役割があります。血流に関係するため、ぜひ鍛えてほしい筋肉です。鍛え方としては「つま先立ち」をおすすめします。時間も場所も取らないので生活の隙間時間におこなうと良いですね。

食品

体を温める食品には、生姜や塩があります。とくに生姜は体を温める作用が強いため、普段の食事へ積極的に取り入れるとよいでしょう。そして、塩にも体を温める効果があります。最近の減塩ブームにより塩の摂取を控える動きが見えますが、適度に取るのは健康に良いのでぜひ取り入れてみてください。(持病がある方はお医者さんと相談し、食事に取り入れてください)

病気を改善

貧血・低血圧など、持病が冷えと関わっている場合もあります。お医者さんへ相談して、持病と冷えが関わっていると確認できたら、適切な治療をしてもらいましょう。適切な治療を受けたら、冷え予防にご紹介してきた改善方法をお試しください。

サプリを利用する

さまざまな改善方法をご紹介してきましたが、忙しくて改善に時間が取れない人へ、うってつけの方法があります。サプリメントです。サプリメントなら、手軽に飲めて生活の一部に取り入れるのも簡単です。ぜひ、あなたに合ったサプリメントを探してみましょう。