あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 冷え性の影響?その悩み・その病気 » 生理不順・生理痛

生理不順・生理痛

冷え性と生理不順・生理痛は、切っても切れない関係があります。このページではその関係性を解説し、さらに、予防&改善策もあわせて紹介しています。

冷え性と生理不順・生理痛の関係

生理不順や生理痛の原因は、冷え性の原因と重なる点があります。ということは、原因をもとに冷えをとることで、生理不順の改善や生理痛の解消につながるかもしれません。

以下に、冷え性と生理不順・生理痛の関係性についてまとめました。ぜひ、チェックしてみてください。

生理不順

生理不順とは、規則正しく月経がこないことです。月経不順ともよばれていますね。具体的に、正常な生理の周期は25日~38日と言われており、前月の月経終了日から24日以下や39日以上で生理がおこることを生理不順とよびます。

生理不順がおこる主な理由は、性腺刺激ホルモンの分泌量が減ったり、うまく運ばれなかったりすることで、卵巣の働きが悪くなるからです。

そもそも生理とは、分厚くなった子宮内膜が剥がれ落ち、外に排出されることを言います。この子宮内膜を分厚くさせたり、排出させたりする働きを持つのが卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。これらのホルモンは脳からの指令によって分泌するのですが、その指令を伝える役割が性腺刺激ホルモンなのです。

性腺刺激ホルモンの分泌もまた脳からの指令によってなされるのですが、栄養不足やストレス過多によって自律神経が乱れると、血のめぐりは悪化し、分泌された性腺刺激ホルモンの運搬も不十分となってしまいます。

また、性腺刺激ホルモンの運搬が十分にされていても、冷えをもたらす血行不良によって卵巣の機能が低下すると、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量が減ることがあります。
これによって、生理不順となってしまうわけです。

生理痛

生理痛がおこる主な原因は、プロスタグランジンとよばれる痛みを感じやすくさせる物質が多く分泌されるところにあります。

プロスタグランジンは生理前から生理中にかけて生成されていきます。この物質の主な働きは、経血とよばれる子宮内膜がはがれる際の出血を、子宮を収縮させて身体の外へとスムーズに排出させるものです。

しかし、プロスタグランジンの分泌量が増えていくと、感じる痛みもそれだけ強くなっていきます。実際、生理痛には個人差がありますが、プロスタグランジンが多く生成されている方ほど、生理痛はひどいのです。

プロスタグランジンが多くつくられる原因は、血行不良です。血流の悪化によって、子宮内は酸素や栄養素が不足して、機能が低下します。

その際に、経血をスムーズに行うため、身体はプロスタグランジンをいつも以上に多く生成するのです。これが痛みの原因となります。

また、プロスタグランジンには血管を収縮する作用もあります。これによって、頭痛や腰痛、肩こり、だるさや吐き気などの症状も出てくるのです。

こうしてみると、生理不順や生理痛の原因は、血行不良で栄養分やホルモンの運搬が不十分になるためだ、ということがわかりますね。同じように、血流の悪化が各細胞へ運ぶ熱量を減らすことで、冷え性は引き起こされます。

このため、生理不順や生理痛で悩む多くの人が冷え性にも悩まされているのです。血行不良の原因はさまざまですが、栄養不足やストレス過多によってもたらされることが多いようです。きちんとした栄養補給、それからストレス解消は、血行を改善するためには不可欠だと言えます。

栄養補給とストレス解消講座

栄養補給やストレス解消、と簡単に言うけれど、手間のかかる改善策は続かない…というのが正直なところですよね。

できることなら手間を省いて効率よく必要な栄養を補給したい、なるべく長続きするストレス解消法が知りたい、と思うのが当然。

そこで今回こちらでは、手軽に補給できて、しかもストレス解消効果のあると話題の「黒酢」について紹介します。

黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。黒酢特有のあの琥珀色は醗酵や熟成などの製造過程におけるアミノ酸と還元糖の化学反応によるものです。
とりわけ、黒酢には体内では合成できない9種類の「必須アミノ酸」のうち、8種類が含まれています。必須アミノ酸は、食べものによって外部から摂取しないかぎり不足してしまい、そのために身体の機能が正常に働かなくなってしまいます。

こうした点から、黒酢は、ふだんの生活で効率よく栄養補給をしたいという方にとっては非常に助かる調味料なのです。

さらに、アミノ酸には赤血球を柔らかくする働きがあります。柔らかい赤血球は毛細血管まで流れ込みやすくなり、手先・足先などの末端部まで血のめぐりを良くしてくれます。こうした黒酢の力を借りて、血流改善に役立ててくださいね。

また、黒酢にはビタミンやミネラルなど身体の調子を支える必要な栄養素がつまっています。とくに、お肉ばかり食べている人やコンビニ弁当やファストフードで食事を済ませてばかりいる人に不足しがちな栄養素です。当てはまる方は、さっそく黒酢をふだんの食生活に取り入れることをおすすめします。

黒酢だけでなく、一般的なお酢に共通している栄養素としてあげられるのがクエン酸です。クエン酸には自律神経のバランスを整える働きがあります。

自律神経はストレスによって乱されてしまうことが多いと言われています。乱れた自律神経は、血流を悪化させたり、ホルモンの分泌を阻害したりします。そんなストレスによって乱れた自律神経を整えてくれるのがクエン酸なのです。

スポーツ選手などが疲労回復に摂っているとよく聞くクエン酸ですが、身体的な疲れと同じく、精神的な疲れにも効果があるようです。