あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 冷え性の影響?その悩み・その病気 » 肌荒れ

肌荒れ

このページでは、冷え性と肌荒れの関係について解説しています。改善のために必要な栄養素についても紹介しているので、冷え性・肌荒れでお悩みの方は要チェック!

冷え性と肌荒れの関係

肌荒れに悩む人のなかには、冷え性で悩む人も少なくないそうです。事実、冷えによる血行不良は、肌荒れをひき起こすものでもあるのです。

冷えによって血のめぐりが悪くなることで、私たちの身体の隅々には必要な栄養素がきちんと行きわたらなくなると同時に、肌に古い角質などの老廃物もたまっていきます。
栄養不足や老廃物のたまった肌は、乾燥しやすく、ハリもなくなります。さらに、肌そのものの冷えによって、皮脂の分泌が多くなることでニキビができやすくなるのです。

こうした肌トラブルを防ぐためには、血のめぐりをよくすることで、栄養素をきちんと全身に行きわたらせ、老廃物をためこむことなく運んであげることが重要となります。

また、肌の冷えをとるためには体温調節機能をつかさどる自律神経を整えてあげることが不可欠となります。
自律神経を整えるために必要なのは、身体をリラックス状態にしてあげること。たっぷりと時間をとったお風呂と睡眠、またマッサージなど、自分の身体に合ったリラックス方法を見つけてみてください。

冷えをとり、血のめぐりをよくする注目の食材

肌へ栄養を行きわたらせる、そして肌にたまった老廃物を運んであげるためには血行を良くすることが必要です。

そこで、効果のあるおすすめ改善策としてあげられるのが、他のページでも紹介しているとおりストレッチマッサージお風呂で身体をあたためること、そして血行促進の効果がある栄養素を補給することです。

とくに血液をサラサラにしてくれる食材については、さまざまな情報を目にすることが多いと思います。ゴボウやレンコン、山芋などの根菜や大豆をはじめとする豆類は有名ですよね。このほか、血行促進作用のある食材として注目されているのは、「にんにく」です。

にんにくには、血栓の防止コレステロールの抑制などの血流を良くする効能があります。血栓を防ぐことができるのは、にんにくに血小板の凝集を抑える働きが備わっているからです。

血小板とは、ふつう出血した際などに自然と血を固める作用のある細胞成分のことです。止血にはとても有利な働きをするのですが、病的な現象として血栓をつくることもあります。この血栓をほうっておくと、動脈硬化を進行させて心筋梗塞脳梗塞をひき起こす恐れもあるのです。
にんにくは、こうした固まる力を抑えて溶かす「線溶作用」という働きを持っているのです。

コレステロールには善玉のHDLコレステロールと悪玉のLDLコレステロールがあります。この悪玉コレステロールが血液のなかに増え、活性酸素によって酸化すると血管の壁に蓄積されていきます。そのため、血管がつまってしまい、動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

にんにくには、アリシンやアホエンといった成分がふくまれており、これらの成分がこうしたコレステロールの生成や吸収を抑えると言われています。とりわけ、にんにくを熟成醗酵した「黒にんにく」は、活性酸素による悪玉コレステロールの酸化を防ぐ「S-アリルシステイン」がふくまれており、ふつうのにんにくを食べるよりもその効果は絶大。さらに、黒にんにくには抗酸化能力もあり、動脈硬化の黒幕である活性酸素を未然に防いでくれます。活性酸素は肌荒れや肌の老化の原因でもあるので、この効果はとても助かりますね。

にんにくはニオイがきついからあまり食べたいと思わない、と考える方も多いかもしれません。が、黒にんにくであれば、熟成過程でニオイのもととなる成分を取り除いているので、食べづらさや口臭の心配などはありません。炒め物やパスタに入れて食べている方も多いようです。有効成分が凝縮されたサプリメントで摂るのも手かもしれませんね。