あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 冷え性の影響?その悩み・その病気 » 肩こり・腰痛

肩こり・腰痛

このページでは、冷え性の影響でおこる肩こり・腰痛の原因と改善について解説しています。

肩こり・腰痛と冷え性の関係

肩こりや腰痛でお悩みの方のなかには、冷え性を自覚していない人もいるようです。それは、肩や腰のあたりだけが冷えており、手足はあたたかいままのことがあるからです。

肩こりや腰痛の主な原因は、血行不良によって疲労物質が筋肉中にたまることだと考えられています。この血行不良の原因には、筋肉の緊張があげられます。

肩こりや腰痛のような慢性的な痛みの原因となる筋肉の緊張は、筋肉を動かさないためにおこります。
長時間のパソコン操作やデスクワークなど、同じ体勢のまま筋肉を動かさずにいると、筋肉は刺激されずに熱を生む代謝は行われません。すなわち、筋肉の緊張によって身体は冷えてしまうのです。

それだけでなく、日ごろから運動不足で筋肉を使わずにいることで筋力は落ちていきます。そのため、代謝量も低下し、熱が生み出されにくくなってしまうのです。

代謝量を増やしていくためには、凝り固まった筋肉を刺激して柔らかくしてあげることが必要です。これによって収縮していた毛細血管も広がり、血のめぐりがよくなります。血のめぐりが良くなれば、代謝を行うための栄養素を届けると同時に、疲労物質を運び出すため、肩こりや腰痛などの痛みを解消することができるのです。

冷えとり術が、肩こり・腰痛を解消する!

肩こりや腰痛を解消するために必要なことは血流の改善です。これは冷え性の改善策でもありますね。

さらに、ここでは乳酸の存在にも目を向けてみたいと思います。
乳酸とは、かつては疲労物質として排除されるべきものとして扱われていました。しかし、2004年8月「サイエンス」誌によって、この説は間違いだったことが明かされました。

もちろん、疲労時に乳酸が増える、ということは事実なのですが、それは単に、増えているだけのことであって、疲労をもたらすものではなかったのです。

むしろ、有酸素運動でうごく筋肉のなかでは、乳酸はエネルギーへと変換されます。この変換に必要なのが、クエン酸です。クエン酸には乳酸を燃焼させてエネルギーを発生させる作用がありますが、これにより、運動持続時間がのびると言われています。こうしてエネルギーを作り出すことで、私たちの身体では代謝が行われているのです。

また、クエン酸には血液サラサラ効果もあります。

血行の悪化は、血液の酸性値(ph値)が酸性に傾いていることが原因です。クエン酸は身体のなかでアルカリ性として働きます。そのため、血液のph値を弱アルカリ性へと傾け、血行を良くしてくれるのです。

このように、クエン酸には乳酸をエネルギーへと変換し、代謝を促進させるだけでなく、血のめぐりも良くしてくれる働きがあります。肩こりや腰痛、また冷え性でお悩みの方には、まさにもってこいの栄養素ですよね。

以下に、クエン酸が含まれている食材をまとめましたので、ぜひ日々の食事に取り入れてみてください。

クエン酸を含む食材
調味料 お酢・黒酢
フルーツ・野菜 レモン・グレープフルーツ・キウイ・イチゴ・パイナップル・みかん・すだち・アセロラ・ローズヒップ・トマト・梅干し
冷え性におすすめのサプリPickUp!
三黒の美酢
1位

三黒の美酢

総合評価:★★★★★

全身水分かくれ

詳しくはこちら

高麗人参つぶ5000
2位

高麗人参つぶ5000

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら

めぐりの十一源
3位

めぐりの十一源

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら