あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 冷え性の影響?その悩み・その病気 » 痩せにくい

痩せにくい

このページでは、ダイエットをしても痩せにくい身体と冷え性の関係についてまとめました。見直すべき生活習慣や取り入れるべき運動なども紹介しています。

冷え性の人のダイエットがうまくいかないワケ

ダイエットがうまくいかない、いくらやっても痩せにくい、と悩む方の多くが、冷え性でも悩んでいます。その理由は、熱を生み出す基礎代謝の低下によって、自然と痩せにくい身体をつくりあげているからです。

基礎代謝とは、人間が何もせず安静にした状態でいるあいだ、生命活動を維持するために使用するエネルギーのことです。

一般的に基礎代謝量は10代をピークに加齢とともに低下していくと言われています。代謝量の内訳は肝臓や脳、筋肉、そして腎臓と心臓などがそのほとんどを占めており、とりわけ、代謝量の多い肝臓は大きな熱を生み出しています。

しかし、栄養素の分解や合成を役割とする肝臓の機能が低下している人は、冷えを感じやすく、また基礎代謝が低くなってしまうのです。

基礎代謝量をアップさせ痩せる身体に

基礎代謝量を増やすためには、代謝量の多い肝臓や腎臓、心臓などの内臓の機能を高めることや筋肉をつけることが重要となります。これによって熱が生み出され、冷えの改善にもつながるのです。

代謝量の多い脳についてですが、脳のエネルギー源は主にブドウ糖。ごはんやパンにはブドウ糖が豊富に含まれていますので、朝ごはんに必ず摂ることをおすすめします。とはいえ、ブドウ糖の摂りすぎは糖尿病へのリスクもありますので、ほどほどに…。

かつては、基礎代謝の約40%が筋肉でされており、最も大きな割合を占める、と言われていました。しかし、本当は肝臓の30%が最も多い代謝量であり、筋肉は20%弱といったところでした。

冷え性を改善し、痩せる身体になるには、基礎代謝量の内訳を大きく締めている肝臓を健全に機能させることが重要です。
肝臓の機能を向上させて基礎代謝をUPさせる方法を以下にまとめましたので、ぜひチェックしてみてください!

肝臓機能の向上で基礎代謝UP!

〈気をつけるべき肝臓機能の低下を招く食生活〉

肝臓は「沈黙の臓器」とよばれるように、神経が通っていないので、機能が低下した際の症状を自覚しにくくなっています。ですから、過剰なアルコールの摂取など、肝臓の疲弊や機能低下をもたらすようなことはなるべく避けた方がよいでしょう。コンビニ弁当やファストフードなどによく含まれている食品添加物や防腐剤なども肝臓に負荷をかけてしまいますので注意してください。

また、加齢によって肝臓の代謝も減っていきます。しかし、栄養バランスの乱れによって、エネルギー源であるタンパク質や脂質、炭水化物が消費しきれなくなると、代謝の低下に追い打ちをかけてしまいます。それだけではなく、肝臓に脂肪分がたまることで、肝硬変や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす恐れさえあるのです。

〈肝臓機能を向上させる方法〉

肝臓機能を向上させて基礎代謝をUPさせるには、アルコールを控えることはもちろん、栄養をバランスよく摂ることが非常に重要です。

とはいえ、よく聞く「毎日3食、毎食タンパク質を摂取し、海藻類や新鮮な野菜を中心にした食生活」といった類の改善策はなかなか難しいもの。基礎代謝の維持や向上に不可欠な必須アミノ酸などが含まれたサプリメントを活用することもひとつの手かもしれませんね。

または、「黒酢ダイエット」という言葉もあるとおり、黒酢にはアミノ酸が多く含まれています。食事の前に少量飲むだけでも良いでしょう。こうした方法で基礎代謝をUPさせ、冷えを改善し、痩せにくい身体から脱却しましょう。

いかがでしたか?
冷えをとり、基礎代謝をあげるには、肝臓機能を健全に保つためにアルコールの摂取を抑えることのほか、栄養バランスのとれた食事をとるといった食生活の改善が必要となります。食事制限のような無理なダイエットを避けつつ、必要な栄養素を欠かさず摂取して、理想的な体型を手に入れてください。