あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 【部位別】冷えの対策と改善法 » お腹・腰の冷え

お腹・腰の冷え

このページでは、お腹や内蔵の冷えを改善するための方法をまとめています。

お腹や内蔵の冷えを改善するために

お腹の冷えイメージ手足の冷えなどと違い、自覚しにくいのが内蔵型の冷え性。気づかずに悪化させてしまう人も多いようです。

一般的には暖かいはずのお腹に触れたとき、冷たさを感じる人は要注意。またほかにも便秘/下痢をしやすい、疲れやすい、食欲不振、風邪をひきやすいなどの特徴があります。

原因には極端なダイエット、運動不足、ストレスなどによる自律神経の乱れが考えられます。

身体の内部が冷えると、病気などに対抗するための免疫力も低下するので、真剣に改善へ取り組む必要がありますよ。

以下に内蔵の冷えに有効な手段を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

飲食に気をつける

飲み物、食べ物ともに冷たいものを摂取するのは避けましょう。特に気をつけたいのは飲み物の方。水分自体に身体を冷やす効果があるので、なるべく温かいもの、常温のものを飲むよう心がけたいものです。

出先などでドリンクを頼む際も、スタッフの人に「氷抜きでお願いします」と、ひと声かけてみてくださいね。

お腹を温める

内蔵型冷え性の人は、いつもお腹がひんやりと冷たくなっています。

特に冬場は冷えを避けるため、腹巻を使用してお腹を温めるよう、心がけましょう。またカイロを貼るのも効果的です。

お腹を冷やさないための生活習慣

以下のような方法を、実践することも効果的です。

  • 生姜、唐辛子、胡椒など身体を温める効果のあるスパイスを活用
  • 生姜、にんにく、黒酢などの原料を含むサプリを摂取
  • 身体をあたためる高たんぱく低カロリー食品を摂取(豆腐、鳥のササミ、マグロの赤身など)
  • シャワーで済まさず湯船に浸かる
  • 腹筋など腹部の運動を習慣にし、腸の蠕動を助ける

いかがですか?内蔵型の冷え性は、深刻な病気を招く要因のひとつとなってしまうことがあるので、要注意です。ヘルシーな毎日のために、改善に取り組んでいきましょう!