あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 【部位別】冷えの対策と改善法 » 足先の冷え

足先の冷え

このページでは、足の冷えの改善法をリサーチしています。

リサーチ!足の冷えの改善法

震え身体の中で、最も冷えを自覚しやすい部位と言える、足。心臓から最も遠い場所にあるため、また最優先される内蔵の血行の犠牲となるため、冷えの症状が表れやすいのです。

中には足が氷のように冷たくなり、感覚が麻痺してしまうという人もいます。また寝る前に足が冷えていると、入眠が妨げられることも…。睡眠不足は生活に支障をきたす原因となりますので、真剣に改善策を考える必要がありますね。

以下に足冷えに有効と思われる手段を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

靴を見直す

足冷えは、足の筋肉が凝り固まり、血管が圧迫されることで引き起こされます。

特に女性はハイヒールなどで足を柔軟に動かしにくくなっているため、冷えが引き起こされやすくなっています。冬季はなるべくやわらかい素材で、足を圧迫しないスニーカーなどの着用を実践しましょう。五本指ソックスも指先が動かしやすくなるので、おススメです。

また車やエスカレーターなどに頼りすぎて、足の運動を怠るのはNG。冷えの症状はますます酷くなってしまいます。冷え性を自覚している時期こそ、積極的に歩くようにしましょう。

足指でグーパー運動

職場などに到着して、着席したら足指でグーパー運動を繰り返しましょう。

靴の中で凝り固まった指に血行が蘇り、冷えの症状が表れにくくなりますよ。

足湯

冷えの症状が一段とひどくなる冬季は、帰宅後に足湯の習慣をつけると良いでしょう。

バケツやたらいなどに40度前後のお湯を張り、ゆっくりと浸かることで活発な血行が蘇ります。本を読んだり、スマホをいじりながら10~20分程度温めるのがおススメ。お湯が冷めてしまった場合は、適宜入れ替えてください。

足湯の後にローションなどでしっかり保湿すると、角質化しやすい足の裏やくるぶしもスベスベに。うれしいスキンケア効果も期待できますよ!