あったかカラダに変身!冷え性改善攻略ガイド

自分の冷え性タイプを今すぐチェック!

つらい冷え性、あきらめていませんか?

「足先が冷えて、夜なかなか寝つけない」「冷え性のせいで顔色も悪く、肌荒れしやすい」
そんな冷え性でお悩みのアナタのために、このサイトでは、冷えの改善法とおすすめサプリを紹介しています。 冷え性とひと口に言っても「末端冷え」や「隠れ冷え」など、さまざまなタイプがあることをご存知ですか?
大切なのは、自分の冷え性タイプをまず知ること。自分のタイプに合った対策をとることで、今よりもずっと身体の冷えが和らぐかもしれませんよ!

冷え性改善攻略ガイド HOME » 今スグできる!おすすめの冷え性対策 » 睡眠

睡眠

このページでは、冷えに負けない睡眠環境づくりのポイントを調査しています。

冷えに負けない良質な睡眠をとろう

冷え性を自覚している人は「足が冷えて眠れない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、何らかの睡眠障害を抱えているケースが多いようです。

あまり重度だと、昼間の仕事など日常生活に悪影響が及ぶので、改善を目指す必要がありますね。

冷え性が睡眠を妨げるワケ

不眠人体は睡眠中、熱を放出します。それが自然な動きなのですが、冷え性の場合はもともと体が冷えているため、「これ以上体温を下げないようにしよう」という反応が生まれてしまいます。これにより、睡眠障害が生じやすくなるのです。

また冷えた体を守るための防御反応が働き、自律神経のバランスも乱れがち。リラックスを司る「副交感神経」が思うように働かず、なかなか眠りにつけないなどの問題も現れやすくなってしまいます。

冷え性さんが熟睡するために

まずは生活習慣を改善しながら、冷え性脱却を目指すことが大切ですが、睡眠環境の見直しにより改良できる点もあります。以下をチェックしてください。

布団の温め方を見直す

電気毛布やエアコンで睡眠時間をフルタイム温めようとしていませんか?

しかし本来、人体は睡眠中に熱を放出していくことで、眠りを深くしていきます。温めすぎるとこのメカニズムを邪魔することとなり、結果として睡眠の質を低下させてしまいます。

電気毛布やエアコンは、就寝前に活用してベッドを温めておき、タイマーで就寝1時間後に切れるようにセットしておきましょう。

また湯たんぽは自然に冷めていくので、冷え性におすすめの快眠グッズと言えます。

入浴にも気遣いを

就寝前に入浴しておくと、手足の血行が良くなります。冷え性ならシャワーだけでなく、湯船に浸かる習慣を。

また熱いお風呂から出た直後は、交感神経が刺激されたままの状態なので入眠の妨げになります。就寝の1~2時間前に、40度前後のぬるま湯にゆっくりと浸かっておくようにしましょう。

食事にも気遣いを

胃腸が活発に働いている時間は、眠りも浅くなります。

体を温める食材を、就寝の3時間前までに摂るようにしましょう。

冷え性におすすめのサプリPickUp!
三黒の美酢
1位

三黒の美酢

総合評価:★★★★★

全身水分かくれ

詳しくはこちら

高麗人参つぶ5000
2位

高麗人参つぶ5000

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら

めぐりの十一源
3位

めぐりの十一源

総合評価:★★★★

全身末端

詳しくはこちら